FC2ブログ

道程の楽しみ方

 小説家を目指し、日夜思考中。その中で気づいたり、感じたり、些細な本音を語りたいと思います。興味のない方はご遠慮ください。   ※注意事項です。当ブログ内で、小説は公開していません。期待していらっしゃる方にはごめんなさい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Ⅳ 私の苦悩

 私の主な執筆時刻は深夜から朝方にかけてです。ブログを更新している時間もそれぐらいですから、読んでいる皆様には理解し易いでしょう。

 起きる時間が決まっていない私は、起きた瞬間の体調次第で書いたり、書かなかったりしていますが、それに関係なく、深夜は書いています。一行か、一枚かの違いはあるのですが、眠る前に推敲しているのです。

 それでも苦悩はやってきます。

 正確を期すなら、毎日やってきているといっても過言ではありません。私にとって、執筆とは苦悩そのものですから。

 理由はとても簡単です。

 私が今書いている文章と、今後繋がっていく文章に自信が持てないからです。

 執筆中。私には過ぎるのです。


 ひとつ。

 完成できるのか。

 ふたつ。

 面白いのか。


 その二つをぐっと堪え、書いているのです。

 常に離反する思いを孕み――面白いものを書きたいが、これが面白いといえるのか――我慢し続ける毎日です。それでも、書き終った、その数秒の幸福感を味わいが為、書いているのでしょう。

 あの瞬間。この達成感は、何ともいい難いものです。

 それでも、一分と経たないうちに最初から読み直している自分がいるのも皮肉です。


 私は作家になる。

 いつしか忘れてしまった目標です。

 今の私は、面白く、いい作品が書きたい。

 そう思うようになっていました。


 執筆中に、「作家になりたい」なんて思いながら書いていません。

「いい作品」が書けるか、書けないかです。


 ゲーテのように死ねるのは、いつになることでしょうか。



Ⅳ 創作 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<Ⅲ 小休憩 | HOME | Ⅷ 創作状況>>

この記事のコメント

こんばんは。
なんの実績もない、無名のわたしが、偉そうにごめんなさい。
創作活動は、どんな贅沢なレジャーにもまさる「遊び」だと思うのです。
楽しい。書くのは楽しい。苦しいようなこの圧迫感が楽しい。
どうか毎日の「遊び」を楽しんでくださいませ。
プロになることより、いい作品を書くことより、
「遊び」を楽しんだほうが……。
つまらないコメントでごめんなさい♪
2009-11-03 Tue 22:38 | URL | Yonda? [ 編集]
 ありがとうございます。

 私も見習って「遊び」を楽しんでいきたいです。

 集中しているときなら忘れているのですが、ふと我に返るとどうしても……楽しんで書きます!

 楽しめなくなったら、好きな小説が嫌いになりますからね。

2009-11-04 Wed 02:30 | URL | misaka [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。