FC2ブログ

道程の楽しみ方

 小説家を目指し、日夜思考中。その中で気づいたり、感じたり、些細な本音を語りたいと思います。興味のない方はご遠慮ください。   ※注意事項です。当ブログ内で、小説は公開していません。期待していらっしゃる方にはごめんなさい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Ⅲ 楽しんでますよ

 48ページ


 たくさん休んだお陰なのか、最近の私は小難しいことを考えなくなりました。

 今の気持だと、「小説なんて好きにやればいいじゃん」ということです。

 目新しいこともなく、好きに書いて、誰かがなにかを感じてくれたらいいと、そう思います。

 でも、純文学ではなく、相変わらずエンタメ系なんですよね。


 それでもハリーの成長話みたいな、単純な話は書きたくないのですが……ハリーの文句ではありませんので、あしからず。


 まあ、青少年や少女が成長する過程、というのは書きやすいと思います。その年代が一番、理想と現実で揺れている時期ですしね。

 それでも、ちょっと大人になる。それぐらいの年齢が私は好きです。

 22才とか、26才とかですね。

 30歳ではダメです。

 その頃には現実というのを嫌でも知っています。

 20代というのは、ひどく曖昧です。大人でも子供でもない。でも、大人として扱われる。子供のままでは通用しない年頃です。無茶もできず、ゆっくりもできない。大人になることを強制される。

 私の小説では、その年頃が多いですね。

 もちろん、30代、40代、もっと上の人も登場するのですが……主要人物は皆、その年頃です。


 周りが結婚したり、離婚したり、昇進したり、クビになったり、経営者になったり、借金に追われていたり、犯罪に手を染めたり、自殺者が出たり、そんな年頃です。

 良くも悪くも、現実が襲う年齢です。


 昔なら10代なのかもしれません。ですが、周りを見ていると、20代のほうが、そういうことを意識していると思えるのです。

 高校なら。

 大学なら。

 成人式のとき。

 そんな話を聞いたりしますしね。


 遅れているわけではないと思っています。それが今の現代社会です。もちろん、10代の頃から悩んでいて、20代になる頃には大人になっている人もいます。それでも、20代になってから大人になる人のほうが多いと思います。


 ですから、私の小説にも反映されるのですね。

 まあ、小難しいことを考えているわけではないのですが、社会と自分の折り合いをつけたい、そういう物語が多い気がします。


 なので、浮気もします。

 いやあ、書きかけのほうが詰まってしまって、こう、ふらふらと、二作目に手を出してしまいました。

 それが面白くて、面白くて。

 出てくるんですよ、アイディアが。

 まあ、ある程度書いたら、前のを完成させるつもりですが、それまでは浮気しますね。


 それでは愛人のもとへ……


Ⅲ 日記 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<Ⅵ 快楽主義 | HOME | Ⅷ 浮気中です。>>

この記事のコメント

 そうですね。

 単純にいっても、20代はおもしろい。
 現実をみていて、本気で悩んでいて、夢もある。
 矛盾がある。だからこそ、いいですよね。

 わたしは理由あって、10代も書きますが。
 長年、温めているのは、やはり20代から30代への7年間のものです。

 浮気。それを止めるのは毒というものでしょう。

 
2009-07-25 Sat 07:15 | URL | ほしのよる [ 編集]
 そうですね。

 矛盾があるから面白いんですよ。

 まあ、浮気しないほうが身体に悪そうですしね。

2009-07-25 Sat 12:14 | URL | misaka [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。