FC2ブログ

道程の楽しみ方

 小説家を目指し、日夜思考中。その中で気づいたり、感じたり、些細な本音を語りたいと思います。興味のない方はご遠慮ください。   ※注意事項です。当ブログ内で、小説は公開していません。期待していらっしゃる方にはごめんなさい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Ⅵ ひとりでは多すぎる。ひとりでは全てを奪ってしまう。

「ひとりでは多すぎる。ひとりでは全てを奪ってしまう」

 アメリカの女流作家 ウィラ・ギャザー

 これは恋愛についていった言葉だが、いろいろなことに当てはまると思っています。

 例えば次の言葉。

「発明をするためには、ほかのことを考えなければならない」

 心理学者 スリオ

「自分の観念をあまりに信頼している人々は、発見するのには適していない」

 生理・医学者 クロード・ベルナール


 どれも作家に必要な姿勢だと感じたので、語彙に書きました。

 ひとり、あるいはひとつの事柄にこだわらず、多角的、多面的に想像する。

 毎回できれば、苦労はしないのですけどね。


Ⅵ 語彙 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<Ⅷ 疲れました。 | HOME | Ⅷ 連休も終りました。>>

この記事のコメント

「ひとりでは多すぎる。ひとりでは全てを奪ってしまう」

 どうしましょう。

 この言葉に心を奪われてしまったのですけれども。

 
2009-07-05 Sun 18:12 | URL | ほしのよる [ 編集]
 私も奪われました。

 考えさせられる言葉ですよね。

2009-07-06 Mon 05:05 | URL | misaka [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。